WEB制作の料金

WEB担当者Forumに掲載された、『○○円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表』。制作者としては気になるところです。私の会社でも、この記事がムック本「WEB担当者 現場のノウハウ」に掲載されていたとき、部署内で「安い」「高い」「ちょうどいい」と議論されていました。

漠然とした「相場」という意味では、やはりこの「相場」は合っているのかもしれません。SEOとかデザインのレベルだとかCMSだとかそんなのはわからないけど、「サイトが存在しているだけでいい」というクライアントがまだ多く存在しているのも事実。そういった要望には最低レベルで提案もできますが、そこはWEBのプロとして、公開する事の意味も含めて話しあうことも必要。たとえ、おせっかいと言われようとも…。だって、そんな存在するだけのつまらないサイト、作りたくないじゃないですか。

そんなこんなの機能をモリモリにしていくと、WEB担の記事ではちょっと安いかもしれないけど、私の場合は稀に「テストケース」というセリフを用いることもあります。

これまで制作実績のない、オープンソースのCMSを入れてどこまで出来るかを検証するとか。これは、自分の実績にも結びつくものだから。テストケースという意味では、制作途中のちょっとした仕様の変更や期間の延長などもありうるので、クライアントの理解も必要ですしリスクも高いですが…。

ちなみに、ひと昔前、私がまだWEB制作を趣味レベルでやっていた頃、「これを仕事にしたら幾らなんだろう?」と思って料金を調べたことがありました。
・テキストのセンタリング:5000円
・テキストの点滅:7000円
………なんてのを見たことがあります。
まだ「ようこそ私のホームページへ」なサイトがあふれていた頃です。

さすがに今となっては「???(怒)」ですが、WEB制作の料金も技術も、時代と共に試行錯誤して出来上がっていくものなので、改めて世間相場ではなく、自分なりの金額を考えなおすいいきっかけだなと思いました。でも、やっぱり安売りはしちゃいけないね。

Pocket