FLASHの制作料金

昨日、ひとつのWEBサイトを立ち上げた。
ティーザーサイトではあるが、コンテンツは5つ。
制作依頼があり、ヒアリングからサイトアップまで約5営業日。

構成・見積もり・サーバー手配と同時に制作が進行したのだけど、デザインやレイアウト、コーディングなど悩んでいるヒマはなかったのだったのでFLASHで制作。というわけで、ティーザーである第1フェーズから、ビジュアルが変わるかもしれない第2フェーズ、最終的な第3フェーズまでを予め想定して見積もりを出したのだが、サイトアップ直前に、案の定値切られた。しかも半額。

しかし、もう一度見積もり直すとき、どこを削ぎ落とすか悩むもの。通常メイン、サブなどパターンを考えたデザインとレイアウト、そしてHTMLにJavaScriptにCSS…。ひとたび修正が入ると、すべてのファイルを修正してアップロードしなければならない制作方法と、Flaファイル一つをちょこっと修正して済むFLASH。今回は「そんな時間がないから」と、FLASH制作したわけだが、手間をかけずにできる技術を用いるので高価です。という理由はどこまで通じるんでしょう。と、本気で悩んだあげく、最終的には20%ぐらい落として見積もり直した。

さすがに半額は…ね。と思うけど、一番の問題は、「この金額でそこまでやってくれるんだ〜」となし崩し的に依頼が来そうなとき、社内で立つ瀬がないことなのだ。さらに言うと、WEB業界にも。ごめんよ。

でも、プライスレスな部分もあるのだよ…。

Pocket