SONY VAIO type P がやってきた

ついに我が家に SONY VAIO type Pがやってきました。
初VAIOになります。
sony vaio type P
購入前に、新しく登場したMac Book Pro 13inch 、type P、ポメラのどれか悩み、中間地点をとって(?)VAIOに決定。


ワインレッドにしようと思ったら、ソニースタイルのオーナーメイド限定商品、「パイライトゴールド」を発見。ヨドバシでサンプルを見たら、ゴールドのオトナな感じにさらに二目惚れ。
パイライトゴールドは、”持つ者を危険から遠ざけ、金運を呼び寄せると言われる鉱石をモチーフにした新色”なんだそうで。こりゃ期待だ。
icon
icon
OSは、さんざん迷った挙げ句、vistaに決定。
価格は、標準で¥74,800- のところ、
 ■ ワイヤレスWAN +¥15,000-
 ■ Bluetooth機能 +¥2500-
 ■ ウォールマウントプラグアダプター +¥500
 ■ 3年保証 +¥7,000-
を追加。刻印サービスも無償でした。
ブロードバンド同時加入で、△¥30,000 、ワイヤレスWANが△¥10,000 と、合計40,000引きだったので、総額約60,000円ぐらい。
通信端末はdocomoのL-02A
USB接続型ですが、中のFOMAカードを取り出してVAIOに内蔵出来るので、これに決定。せっかく type Pで小さく軽くなったのに、端末がひょっこり出てるなんてスマートじゃないですもん。
バッテリーを外して通信カードをIN! ↓
SONY VAIO type P 通信カード L-02A
6月13日(土)に申し込み、納期が10日後の23日(火)だったはずが、思いもかけず18日(木)に届いたので、なんだかサプライズで嬉しい。
早速レビューでも、と思ったが、まだあまり使えてません。
というか、キーボードがとにかく打ちやすいものの、スティックポインタが非常に扱いづらく、長時間操作するのはムリ。テキストをひたすら書き、時々検索する分には言うことなし。
昼すぎのカフェで原稿を仕上げるのがあこがれ。そんな仕事ないけれど。
そして、GPS機能付きのワイヤレスWANなので、常に場所を取得しているうえ、1ポチで「PetaMap」で周辺のホテルやレストラン等のスポットが探せるってのが便利。旅行では断然重宝しそう。
ケースが欲しいのだけれど、ソニースタイルではまだグッとくるものがない。海外ではVAIO type P 専用ケース(from GIZMODO)みたいに、カッコイイのが揃ってるのに!

Pocket