プロマネっていうもの:『Webプロジェクトマネジメント標準』

pmbok.jpgWebプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す
/林 千晶 (著), 高橋 宏祐 (著) /技術評論社
「世界標準 プロジェクト管理の知識体系 PMBOKに基づくWebディレクションの新スタンダード」


あなたのプロジェクトを成功に導く!Webサイトプランニングブック』はサイト制作の前のプランニングから制作・開発に至るまでの参考書でしたが、この『Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す』は、その後の具体的な制作・開発のマネジメント方法について。

実際のところ、Webって1人〜少人数でやることが多いし、そんな”プロジェクト”だなんて大それた呼び名は…なんて思ってましたが、年々Web業界も細々とやっていては生き残っていけないようです。作業の効率化を考え、新人も入ってきて作業分担することになると、そこで問われるのがマネジメント力なんですよね。私、まるっきりありません。
PMBOKって何?ってところからのスタートですが、なんだかこういった略語、PDCA とかAIDMAとかAISASとか、鳥肌が立つほど嫌いなんですが、困ったことに重要。

PMBOKとは、米PMIが発行するプロジェクトマネジメント知識体系で、A Guide to the Project Management Body of Knowledgeの略なんだそうです。

しかしはじめにこの本では、「緻密に体系化された”フレームワーク”であり、”バイブル”ではないから、WEB制作ではPMBOKに則ってガチガチになる必要はない。まずはすべてを検討する網羅性と状況に応じて変更を加えること。大事なのは方法論の遵守ではなくプロジェクトの成功なのだから」と説いています。安心。

プロジェクトチャーター、WBS、ガントチャート、体制図、品質管理やリスク管理、コストやタイムマネジメント………。かくあるべき、というか、めんどくさいけど理想のプロジェクトの進め方が、一番身近なWEBという業種での例で説明されているので、実践に移しやすいかもしれない。

Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す

Pocket